中古本を売る!と決めたら宅配 本買取サービスが便利!

このエントリーをはてなブックマークに追加

本を売る時に大変便利な宅配の本買取サービス。でもたくさん業者がいてよくわからない。実際に安全なのか?高値がついた買取業者はどこなのか?スムーズに買取まで行えたサービスは?といった疑問を私が調査しておきましたのでこのサイトでレポートしていきます。

読まなくなった本や漫画の断捨離は宅配買取が今熱い!

読まなくなった本どうしていますか?倉庫?本棚に横積み?お部屋のスペースに積んで置いてある?実は、私もそうでした。でも、実際もう読まないであろう本を放置しておくのもスペースがもったいないと思ったので思い切って断捨離を決めました。最近。

最初は捨ててしまおうと思ったのですが、もったいないですよね。本は普通に売れる店は沢山あるので売ることに。でも、大量の本をお店に持ち運ぶのは大変疲れます。キャリーバックに詰め込んで一度店頭に持ち運んだことがあるのですが、キャリーバックのローラーがおかしくなる始末。本って重たいですからね。その時は100冊くらい持ち込みましたが引き取り金額は300円くらいでした(苦笑)

まあ、ほぼゴミ同然でしたので納得価格でしたがキャリーバック破損が高くついた。コロコロの部分がガタガタいうようになっちゃったんですよね(泣)

その辛い経験があるので、今回は宅配買取を試してみようと決意しました。調べると本の宅配買取は結構沢山の会社がやっているので、ならば徹底的に調べてやるか(ニヤリ)となぜか気が向いたので調べた結果をこのサイトにまとめています。実際に試した過程と、販売価格、高く売れた?などを公開しています。

  • 実際に高く売れたの?
  • 宅配買取サービスを申込してから売れるまでの流れ
  • 対応やサービスの品質について

がわかるように口コミしていきます。

本を売るならどこがいい?おすすめの古本買取業者を徹底比較!

私が実際に古本を売って体感した買取業者の中でよかったと思ったところを徹底比較してます。(※まだ数社比較中なので、全部そろったら公開します!)

ネットで本を売る時の宅配用ダンボールと身分証明書について

本の梱包を行う為の段ボールは大半の本買取業者さんが用意してくれています。急ぎで買取査定を依頼したい場合は、専用の梱包キットを郵送で自宅に送ってもらうのに最低1日はかかってしまいますので、自分で段ボールを用意しそれに入れて着払いで郵送する事も可能です。その場合いきなり送ると誰あなた!?ってなってしまいますから、必ずお申込みをしてからの郵送をしましょう。

郵送物に入れるモノとしては、身分証明書こコピーと売りたい本やCD等だけです。身分証明書は現在住んでいる住所と一致するものが基本的に必要になります。

■身分証明書になるもの一例

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

身分証明書を入れるのがなんか嫌だ?そういうの確認しない会社で売りたいと思う方ももしかしたらいるかもしれませんが、実は古本や中古品の売買をする場合法律で古物営業法というのが定められていまして、買取店は売主の確認を必ず取らなければいけないルールがあります。こればっかりは仕方ありません。まあ悪く何かに使われることはないので問題ないんですけども。

無料の梱包キットは本の場合はまあ使わなくても問題はないのですが、本買取会社は本以外にも意外とギターや家電などを郵送買取してくれるのですが、その時に便利です。例えば“買取王子”の梱包キットは以下の豊富な種類が用意されています。

ビン類のお酒やエレキギター等自分で梱包するのは面倒ですし、傷やビン類の場合割れてしまっては元も子もありません。こういった買取を依頼する場合は梱包キットは必須ですね。もちろん急ぎではない場合は本も段ボールを無料で郵送してもらうのがよいでしょう。

買取できない本の特徴&買取不可の本は無料で処分してくれるの?

高値で本を売るぞ!と意気揚々と郵送をしたのですが、買取できませんといわれてしまうケースもあるようです。私の場合は今回無事に全業者で売ること自体はできましたが、どういったケースで値段がまったくつかないのでしょうか。

  • 本の状態が極端に悪い(傷んでいる)、価値が無いゴミ並みの本
  • ISBNコード(国際標準図書番号)がない本や実費出版等
  • 専門書、参考書などジャンルによって買取できない会社とできる会社がある

まあ、こんなところですが順を追って詳細を書いていきます。

本の状態が極端に悪い(傷んでいる) 、価値が無いゴミ並みの本

例えば本が傷んでいるですが、ビリビリに破けていたり、カビが生えていたり、何らかな理由で水にぬれてしまったり色々と理由はあるでしょう。明らかに傷んでいる商品は売ることができませんよね。

常識の範囲内という言葉は嫌いなのですが、敢えて使うと、まあ常識の範囲内ではない大量の本を送りつけられると本買取屋さんも困ってしまいますよね。明らかに極端に傷んで商品にならないような不用品の処分の変わりに買取業者を使おうとするのは辞めましょう。例えば100冊売る中で1冊か2冊売り物にならないという本が入っている程度であれば、無料で処分はしてくれるでしょう。

その1冊2冊を返送するより面倒でないですからね。ちなみに、こういった明らかに傷んでいる本を大量に送りつける人も0.0001%?確率は分かりませんがたまにいるのでしょう。一応利用規約にはそういった対策の為か悪質なお客様には着払いで商品を返送する的な文言もあるので絶対に辞めましょう。

明らかにゴミだよなあという本が100冊くらいあるケースも珍しいですけど、そういう本は資源のゴミの日にゴミとして出しましょう。

ISBNコード(国際標準図書番号)がない本や実費出版等

ISBNとはInternational Standard Book Numberの略で直訳すると国際標準図書番号という意味。このコード(数字)で「国」「出版者」「小売価格」などがわかります。 このISBNコードがついていない本や自費出版で作られた本は買取対象外になることがほとんどです。

専門書、参考書などジャンルによって買取できない会社とできる会社がある

これは結構大事です。専門書、参考書だけしか高額買取しませんという買取屋さんもいれば、その逆で専門書などは買取不可です。という業者さんもいます。

専門書とか高値で売れるところがあるのに売れない会社に送ってしまうのはもったいない。本買取はこの点を考えると1~3社くらいに分けて得意なジャンルに分けて売るのがベストではなかろうかと私は感じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加