文庫本を高く売るのは難しい!高く売れない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

文庫本は単行本が初版として出版され人気に火がついてある程度のヒットを生んでから限られた本だけが文庫本となるので、本の中身という意味ではそれなりに出来が良いものだけという印象があります。価格も単行本よりも半額く近くになる為買う側からするとお得感がでますよね。

文庫本 いくらで売れる?

文庫本がまったく売れることが無いというわけでもありませんが、単行本と比較すると定価も安いわけですからその時点で高値がつくことはありませんし、初版の単行本の方が重要としてはあるので価値としてはかなり低くなると言われてはいますね。 単行本、文庫本は、売れていて出版数が多ければそれだけ、古本の流通にのっているので、需要と供給のバランスからいうと供給が多いため価値も下落していると言うのがあります。

価値のある本と比較すると文庫本は高値で売れる可能氏は低いと言う事ですね。極論をいうと、例えば、江戸時代などに書かれた本も流行したもので日本にたくさん残っている場合はそこまで高値がつかなかったりしますよね。でも現存が日本に1冊しかないとか、10冊しかなくて保存状態がめちゃめちゃよいと言う場合は、専門家やマニアたちから喉から手が出るほどほしくなるという状態がおきます。要はこういうことです。

需要と供給の兼ね合いですから文庫本も値段が付く場合はありますが。~100円とか200円とかだったらかなり高値です。通常は10円50円とかで裁かれるのが普通でしょう。

古本屋に並ぶ文庫本の値札をみても、定価が安いので100円とか200円で売られているのが普通ですから、それを元に原価として買い取る価格は下がる訳です。気になる方は、文庫本の中古品の値段を調べてみると良いと思います。売られている価格がだいたいの市場価値としての判断が付きますので。

文庫本の状態がひどい場合はゼロ円引き取りも覚悟を

そもそも、そこまで文庫本を高く売るとか期待を込めていない人もいるかもしれません。本買取のTOPページでも書いていたのですが、私は昔本を数百冊、某店舗で売ったことがあります。ほとんどが文庫本でした。持ち運んで査定をするからと2時間ほどお店に預けて出た結果は数百円の買取価格でした。

お世辞にも文庫本の状態は良いものではなく、折れ曲がったりした本ばかりだったので、まあ価値は無いのだろうと思っていましたがショックでしたね。その時は処分目的で本屋に行ったのですが、淡い期待があって下手したら1万円くらいには・・・。おいしいご飯でも食べるかなんて思っていたんですよね。まあ甘くは無かったですw

だから、文庫本を売る場合なのですが、状態が折れ曲がっていたり、破けていたり、本のカバーがなかったりな物はほぼ価値が無いと思ったほうが良いと思います。 もし、今後も読むであると言う文庫本は売らないで手元に取っておいたほうが良いかもですよと。

私は何回か学生の頃からずっと呼んできてもう小説とかを読まなくなってしまったので、一気に邪魔になっていたので、資源の日の仕分けも面倒だし、処分屋さんに頼むのもお金かかるし、なら数百円でも引き取りしてもらったほうが得だなと思い引き取ってもらいました。

当時ネットでの本買取というサービスは知らなかったので知っていればまた違った結果になっていたかもというのはありますけどね。実際ネットの本買取のほうが買取価格は高いです。だから売るにしても買取サービスはネットをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加