CD 買取こそネット宅配がおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

CDって売れるの?という疑問が浮かぶ方はかなりの数いるはずです。今や音楽といえば、itunesをはじめとした配信系から定額制のサービスがapple、LINEなどで次々と登場しています。一部は提携などの兼ね合いもありそういった配信系やネットのダウロード形式のサービスでは聞けないなどありますからCDが売れているのはそういった穴というか、配信系で手に入らないものが中心なのだろうと思ったりしていますが、意外と応援して言うるアーティストの曲はCDで買うよとか、なんだかんだCDのほうが音質が良い等、色々な理由でCD需要はあります。私は、レンタルなどでCDを借りたりはしますが、もうここ10年くらいCD買ってません。だから売る事自体実は経験したことないんですよね。

人気の注目最新のCDは高値が付いている。例えば宇多田ヒカルのFantomeなんかは、1700円くらいで買取保証をしているところもありました。(確認日:2016年10月3日) Fantomeは私もiTUNEsで2,200円で購入してしまいましたがかなりの高値ですよね。 ある意味、購入してから売るのもありなのかも。すぐ売ればですけども。

買取されたCDに関してどこに売るのか?誰に売るのかは業者によって様々でしょう。でも、CDはレンタル店に回されたり直接販売されたりと様々なルートがあるのでしょう。企業ってすごいなあと。私が例えば、転売目的で知人から何かCDを1700円とかで購入して、それよりも高く利益を出すために販売するのはまず無理だと思うので。 だからCDはネットの宅配買取サイトに買い取ってもらうのはかなり良い手段だと思います。オークションとかで売るよりもよいと思います。

CD買取の相場で高額がつく共通点

CD買取に関しては本買取と比較すると買取店がこのCDならいくらで買いますよと提示していることが多いです。なので相場というか代替の買取値段が目安として知れますね。共通点としては、先ほど言った宇多田の様な話題性があって発売してあまり時間がたっていないモノなどは高値で取り扱われています。

この共通点は本の場合と同じですが、CDの場合は古いCDも高値で売れる可能性があります。古いCDは通常50円とかで買取されてしまうことがほとんどですし、8ミリディスクは買取しませんという場合のほうが多いには多いのですが、中にはプレミア価格がつくケースも。初版の限定グッツや限定ボックスセットや今は人気アーティストなのに一時期何らかな理由が合って生産中止になった限定のCDなど。マニアがほしがっているCDというのは、場合によっては1万、2万というプレミア価格が付くことも。

もしかしたら・・・と思ったら、お手持ちのCD名で検索をかけてみると良いと思います。まあ、人気アーティストでミリオンヒットとか飛ばしているCDはプレミアがつくことは無いので調べないで売っちゃって良いと思いますが、プレミア価格がつくのはある程度査定をしっかり行ってくれるところに売ったほうが安心ですからね。

適当に売ってみて、びっくりする金額の査定結果が来る可能性もありますけども。

このエントリーをはてなブックマークに追加